ご 挨 拶

てくのかわさきよりご挨拶

 てくのかわさきは、技能職者の後継者育成、技能の研鑚、異業種間交流、市民との交流等を目的とした、技能職者の活動拠点となる技能会館として、平成8年4月1日開設され、平成18年4月1日からは、当協会が川崎市から指定管理者の指定を受け、技能職者や市民の皆様に親しまれる施設として管理運営を行っています。
 平成25年度はアベノミクスへの期待から始まり、株価の回復、円安の安定した定着状況が継続し、一部の大企業では25年度のベースアップ報道もされたほか、雇用状況についても一部では人手不足との話も伝えられ、少しづつではありますが、景気の改善傾向も感じられるところであります。
 今後は景気の回復基調の下で、ゆとりある生活の実現に向け、市民の方の趣味やサークル活動、企業の研修会などを支援すべく、様々な方策を尽くし、当会館の利用拡大に努める所存です。
 また、当会館の設置目的であります、技能に関する市民の理解を深めるための施設として、事業の充実及びサービスの向上と提供に努め、利用者が安心して心地良く利用ができる施設になるとう努力を継続してまいります。
 今後ともご指導、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

平成26年6月
公益財団法人 神奈川県労働福祉協会
川崎市生活文化会館
館長 小 野  淳 一 郎