PDFファイルをご覧になるは
Adobe Readerが必要です。
ここからダウンロ-ドできます。



ご挨拶

 東門前保育園は働くお父さんやお母さんの子育てを、保育を通じて応援させて頂くことを目的として1960年(昭和35年)12月に開園して以来、地域の保育園として地元に愛され親しまれてきました。
 当園は利用して頂く保護者の皆様の様々なニーズにお応えすると共に、健康相談や離乳食試食会、園庭開放や保育園行事への参加など地域の子育て支援にも努めています。日本の四季や文化・伝承を大切に考え、昔ながらの遊びやわらべうた歌を通じて自己表現の楽しさ、人や自然との関わりを大切にしています。また、園庭に植えてある様々な果物の木を使って、梅干し作りやジャム作り、ジュースや染物など、食育活動や自然保育を通して命の恵みを伝えると共に、一人ひとりの良さが認め合える集団つくりを目指しています。

東門前保育園
園長 向後 弘美

保育園の保育目標

1健康なこども

一人ひとりの状況を適切に把握し、乳幼児に大切な遊びをとおして、健康な心と体の 発達、
生活に必要な基本的な習慣や態度を培います。

2仲間をつくれるこども

一人ひとりが大事にされ、のびのびと生活できる環境を設定するとともに、様々な体験
を通じて愛情と信頼感、社会生活に必要な自主性、協調性を学び、生命の大切さを学びます。

3考えるこども

個性を尊重し、発達に見合った生活やあそびの材料を提供することにより、自然や社会の
事象について興味や関心を持ち、豊か感性、発想、思考力を高めます。